神奈川県三浦市に移住する魅力と移住支援策

暮らし

写真提供:三浦市

都会から1時間ほどの距離にあるにもかかわらず3方を囲む豊かな海と壮大な畑が広がる三浦市。

滅多に雪が降らず、真冬も比較的暖かく快適に過ごすことができるのも、移り住む要因のひとつだ。

年間約1,000人~1,100人が、神奈川県三浦市の素晴らしさに魅了され、転入している。

三浦市の行政には、移住を検討している横須賀市や横浜、東京在住の方からの相談が多いようだ。

そんな三浦市の行政の移住担当者でもある尾山さんに、三浦市への移住の魅力等を教えてもらうべくUMIROGI がインタビューを行った。

1)尾山さんの思う三浦市の魅力は?

東京湾と相模湾に囲まれた豊かな海がある生活

半島の突端ならではの、西も、東も、南も海に囲まれた生活が送れることだと思います。海も相模湾と東京湾に面しており、砂浜、磯、森に接した海、ヨットが停泊するマリーナがあるなど、非常に多様です。どこに住んでもおおむね徒歩30分以内で海まで行けるから、海の存在を常に感じながら暮らすことができます。日の出を見ながら出社したり、海辺を犬と散歩したり、魚を釣ったり、マリンスポーツをしたり、夕焼けに染まる富士山を見たり、たき火を楽しんだり、人によって色々な楽しみ方ができますね。

湘南と同じ相模湾に面していても、「港町」の雰囲気は三浦ならではです。人が多くないし、高さのある建物が少ないから、空が広い。広大な畑と海の景色を眺めれば、のんびりと癒されますよ。

都内とのつながりを維持したまま移住できる!東京・横浜まで京急で一本

都心に住み、都心の家族、友人、知人と繋がりがある方は、自然環境は大切だけど、「あまり遠くには移住したくない」というニーズもあるようです。そうすると都心まで1時間程度の距離にありながら自然豊かな三浦は理想的な候補地になってくると思います。

冬暖かく、夏涼しく快適に過ごすことができる

東京で雪が降っていても、三浦では雪が降っていないこともよくあるほど、真冬も比較的温暖な気候です。特にご年配の方にとっては、冬を暖かく快適に過ごすことができることは魅力だという声をよく聞きます。

逆に夏は涼しく猛暑日になることが少ないので、年間を通じて快適な気候を楽しむことができます。

漁業と農業の両方が盛ん

さらに漁業と農業が盛んで、新鮮で美味しい魚と野菜が間近にあること。この両方を高い水準で備えている街は少ないと思います。直売所や朝市で、旬の新鮮な野菜や魚を日常的に手に入れられるのは、他所では得難い魅力だと思います。

2)移住関連施策と子育て支援策を教えてください

トライアルステイ(お試し居住)、空き家バンク制度、移住者受入連携企業のご案内、移住相談窓口を行っています。

また、子育てについては、中学校までの完全給食、中学3年生まで医療費無料、東京大学と連携した海洋教育等に取り組んでいます。待機児童もゼロなので保育園に入園しやすい環境にあります。

3)移住を検討している方へのアドバイスをお願いします。

街や、住んでいる人と合う、合わないというのはあると思います。そのため、実際に何回か足を運んで、街を歩いたり、街の人と話したりして、自分に合うかどうか体感してみるのもひとつの方法だと思います。市のトライアルステイ事業はH31年度も実施予定なので、ぜひ利用してみてください。

電話での相談にも応じていますし、民間の移住相談所もあり、公民で移住をバックアップしているのも三浦市の特徴になっています。是非、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

尾山さんのインタビューから見えてきたリアルな声はたくさんありました。

電話での相談にも応じているし、民間の移住相談所もあり、公民で移住をバックアップしているのも三浦市の特徴。この機会に是非、お気軽にお問い合わせしてみては?

公式HP: http://www.city.miura.kanagawa.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

umirogi 編集部

7,386 views

湘南で楽しむことを毎日探しています。ワクワクすることが大好きな編集部。みなさまにシェアしてハッピーになってくれることは、もっと好き。

プロフィール

ピックアップ記事

その他の人気記事